車ではなく自転車に近い

ドローン撮影

ドローン操縦に免許はありません。こう聞くと、ちょっとびっくりする人もいるのではないでしょうか。ただ、車やバイクの運転免許のように、国土交通省などが航空法などにもとづいて発行する免許はありません。現在かなりたくさんの人が取得しているドローン免許の正体は、民間資格の認定をわかりやすく表した言葉なのです。ドローンを買って飛ばすのにこうした許認可資格が必要なわけではないのですが、だからといって勝手にどこでも飛ばしていいというものでもありません。ちょっとニュアンスは違いますが自転車と同じようなもので、乗るのに免許や資格は必要なくても、道路交通法を守って正しく乗る必要があるのに似ています。操縦する人にも周りの人にも一定の危険性はありますので、なにより安全を守るルールやマナーを勉強する必要があります。こうしたことから正しく安全にドローンを飛行させるために、たくさんの人が民間資格を取得しているのです。

関係する法律や条例も

免許はなくても、ドローンを飛ばすときに関係する法律や条例があります。日本国内では、航空法や小型無人機等飛行禁止法、公道を使う場合は道路交通法などが関係します。また例え自分の土地など私有地を使用する場合でも、民法や電波法に関係することは変わりません。つまり、ドローンを飛ばすためには法律や条例、ルールをきちんと知る必要があり、そうしたことを学ぶのも資格を取得する目的となります。単にかっこよく操縦するだけが目的ではなく、航空法に違反して罰金刑などに該当しないよう、きちんとした知識や事前手続きなどを知るためにも資格の勉強は有効なのです。残念ながら違反した際「知らなかった」では済まされず、罰則の対象になります。自分でも国土交通省のヘルプデスクで確認ができますので、信頼されるパイロットを目指しましょう。

認定資格を取得したほうがよい理由とは

いわゆるドローン免許と呼ばれる民間の認定資格を取得したほうがよい理由は、いくつかあります。前述のとおり社会のルールを知ることができますが、まず資格を取得するという目標がモチベーションになりますし、実際にかなり専門的な知識や技術が身につきます。特定のカリキュラムを修了し、最終的には認定試験に合格する必要がありますので、集中して勉強することができるでしょう。特にドローンを仕事で使う際には、客観的に信頼される有利なステータスになります。民間資格はたくさんあり、実技系や座学系、さまざまな講義や試験があります。また世界に通用するパイロットを目指すなら、国家資格もありますので是非トライしてみてください。関連する国家資格には第4級アマチュア無線従事者免許や第3級陸上特殊無線技士免許などがあります。近年登場したマシンであり、今まで知らなかった新しい世界を知らしめてくれる楽しい技術です。これからもっとドローンの世界が広がるように、モラルを身につけ、信頼されるパイロットになることはとても有意義でしょう。